創りたいのは、上質さと色気が同居する、目立ってなんぼのグラマラスな自転車。 その目立ってなんぼの見た目が、すぐに劣化するのも味気ない。 必要なのは基準値の底上げで、周りは剛性が何%増えただの、振動吸収性がどうだのと声高に叫ぶが、そんな事には興味が無い。 自分が惚れたモノを永く楽しむ為に必要な最低限の事はROCKBIKESに詰まっている。 ≫ブランドページはこちら